拡大コピーその後

製本途中(合奏練習直前!)で製本用のテープが無くなったけれど、白地に薄いグレーの模様が入ったマスキングテープがたまたま手元にあったのでそれを代用してこと無きを得る
教訓:製本は日程に余裕を持って!テープや糊の残量はちゃんと確認する





ブリテンの1楽章が3ページあって、めくりの関係で3枚並べるしかなかったのでそのように製本していた
当然、B4になってもそのように製本
そうしたらちょっとした気がかりが何個か
紙が大きいので1ページ目が「へろり」となってしまうから裏打ちが必要
これはまあ、どうとでもなるから大した問題では無い
ちょっとした気がかりというのは・・・
A4の時も1ページ目が遠いなあ、と思っていたけれど紙が大きくなったらそれだけ距離も遠くなる訳で・・・
確かに音符は大きくなったけどなあ・・・
なんて思いながら合奏練習に行ったら隊長が「これ使いましょう!」とご自分のブリテンの楽譜を差し出した
隊長もやはり楽譜の小ささに耐えられなくなったのか拡大コピーをしていたのだけど
なんと!1楽章の3ページ分を切り貼りして2ページに詰め込んでいる!
オケでは1、2段分をコピーして貼付ける、という事はよくやっていたけれど、ここまで大胆に作り替えた事はなかったので、全然思いつかなかった!
余白が全然無いし、楽譜の風景が違ってしまってちょっと戸惑うけれど、まあ、大した問題じゃない
隅々までストレス無く音符が見える事の方が大切!

で、実際に使ってみる
うわあ、弾き易い!
見えるって素晴らしい!
見えるって弾けるんだ!
細かい部分がちゃんと把握出来るって、こんなにストレスフリーなんだ

「何でもっと早くに大きくしなかったんだろう!すみません!」
「楽譜が大きくなっただけで、可能性が広がるねえ」

大袈裟ではなく、本気で感動する2人(笑)
若い人にはこの感動は絶対に分からないと思う

十六分音符が込み合っているドッペルなんかも効果てきめんだった
あの裏拍が恨めしい3楽章も「練習して慣れた」以上の心の余裕をもって演奏出来る
ずっと「拡大コピーした方がいいのかなあ」なんて思っていたんだけど、本当、何でさっさとやらなかったんだろう?
小品類の楽譜は拡大コピーをしなかったのだけど、B4の後に見たらもの凄く音符が小さく見える
速攻、拡大コピー決定!
教訓:思い立ったらすぐやるべし!

B4への拡大では追いつかなくなったらその時はその時だね
その時が来るのを考えても仕方がない(笑)
[PR]
Commented by ZIEQ at 2017-08-08 00:45 x
こんばんは。いつも楽しい記事で、ついつい笑いながら読んでしまいます。
私の師事している先生も先日、ブルックナー5番の第2バイオリンの楽譜を見て、「老眼が入って来てなおさらキツいんだけど・・・」とボヤきつつ拡大コピーされていました。笑
元プロオケ奏者でもそんなものらしいので、まあきっとみんなそうなんだろうな、と思ったのでした。笑
Commented by tamagoneko at 2017-08-08 20:27
ZIEQさま
私もつい何年か前までは「ふーん、そうなんだ〜」と思っておりました(苦笑)
ZIEQさまも「その時」が来たら「ああ、これか〜」と思い出して頂ければ幸いです(笑)

ブルックナーの5番!弾いても弾いても楽譜があるやつですね・・・
それは色々つらいでしょう、先生、お察しいたします^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-08-07 12:49 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(2)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31