カデンツァ

モーツァルトの5番の1楽章のレッスン、いよいよカデンツァに突入
私が使用している楽譜に載っているのはヨアヒム作
「まずは楽譜に書いてある通りに弾きましょう、CDみたいに揺らしたりしないで」
揺らすも何も、まだそんな格好よく弾けませんよ〜




レッスン終了後何気なく、私が持っているCD、3枚ともカデンツァがヨアヒムじゃない事を言ったら先生にえらく驚かれた
私の手持ちのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲のCD、カデンツァがすべてそれぞれの奏者の自作の物だ
コンクールなどでは「カデンツァは誰それのもの」と指定されている(と思う)けれど、演奏会でもだいたい自作のカデンツァが披露されている(気がする)
自作のカデンツァが収録されるのはその流れからいくと当然だろうし、そもそものカデンツァの定義から考えてもそれが自然だろう
なので何となく「自作の物」が当たり前と思っていたのでカデンツァまでチェックした事がなかった(笑)

先生からヨアヒム作のカデンツァが収録されたCDを2枚お借りする
帰宅してさっそく聴いたのだけど、なるほど、レッスンの時に「まず書いてある通りに」と言われた意味がよく分かる(笑)
楽譜を見ただけでは弾き方が分からない箇所って音源を聴くと「ああ、そういう事なのね」と分かる事がよくあるのだけど、これ、譜面と音源の距離が遠い〜
こことか
a0155297_2261585.jpg

こことか
a0155297_2264281.jpg

楽譜も「どうせいっつーの?」と呟きたくなる位訳が分からないけれど、音源を聴いてもこの楽譜が音になっているとは思えない・・・
ついでに言うのなら、自分が弾いた音が同じ形になるとは到底思えない・・・

さて・・・
[PR]
Commented by uma- at 2017-04-29 07:21 x
カルテットのVn奏者がベートーヴェンに「あなたの書いた弦楽四重奏曲に演奏不可能な重音がありますよ」と指摘したら、本人から「そんなケチなヴァイオリンのことなんかかまってられるか!」と逆ギレされたらしい。結局は書き直してくれたらしいけれど。

これはゆっくりなら、弾けなくない?
Commented by tamagoneko at 2017-04-29 23:12
uma-さま
ベトさんに意見を言うのって勇気がいったでしょうね〜(笑)
どんな重音だったのか非常に興味があります
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-04-27 22:06 | ヴァイオリンレッスン | Comments(2)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30