カテゴリ:練習( 55 )

得体の知れない曲

あっという間に3月も後半になって、弦楽合奏団の今年の初練習まで3週間を切ってしまった
楽譜を製本して一旦音符を並べた時点で満足して油断をしてしまいそう、という予想はほぼ当たり(苦笑)、さらっているんだかさらっていないんだか微妙な出来具合
この3連休はさすがにちゃんとさらう

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-03-20 21:21 | 練習 | Comments(0)

退化してる?

モーツァルトの協奏曲5番、1楽章の譜読みも最終コーナーを回る

a0155297_21747.jpg


音域、高いなあ
これは「この音を出すぜ!」と思って弾かないとその音にならない音域だね〜
なんか以前同じような事を言ったね、私、と思って記事を遡ったら4番の3楽章で同じ事を言っていた(過去記事)(苦笑)

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-02-26 21:07 | 練習 | Comments(0)

かすれる音

モーツァルトの協奏曲5番、1楽章の139小節目の重音

a0155297_21311355.jpg


この「ジャン!!!」
何度練習しても決まる確率が低い
3回に1回決まればいいかな?
下から「ジャ、ジャン(ソ#シ、シミ)」と分けて弾くと変なので一気に3本弾き切りたい
するとどうしても一番上の「ミ」がかすれてしまう
弓を動かす角度が浅くてE線をきちんと掴んでいない、という感じではない
(意識して「ぐりん」と弓を動かしてみても同じ結果だった)
別に指も手も当たっていない
手の形も別にアクロバティックではないから、この重音だけ取り出して弾くと問題無く弾ける
でも135小節目から始まる十六分音符だらけの4小節を弾いてからだと・・・
軽快に走ってきたのにいきなり足首をひねったような残念な音になる

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-02-22 21:31 | 練習 | Comments(2)
a0155297_1518339.jpg

今年の第一声

今年もよろしくお願いいたします♪
[PR]
by tamagoneko | 2017-01-02 15:18 | 練習 | Comments(2)

楽譜と視力

ただ今モーツァルトの5番の譜読み中
譜読みの友のフィルム付箋を片手にゆっくり弾きながら、すっと流れない所に付箋をペタペタ貼る
弓の順番がよく分からない所とか
楽譜の指定した指だとポジションや弦がよく分からない所とか
加線が多過ぎてパッと見で音が分からない所とか(笑)
見落とした臨時記号の箇所とか
宿題になっているページの最後まで一通り通してから付箋の箇所に戻って改めて見直す

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-11-16 18:54 | 練習 | Comments(0)

次の曲

たかが趣味の事なのに大袈裟にぐるぐるしていたけれど、文章にしたら少しすっきりしてやっと何とか浮上
浮上したけれど、遭難している事には変わりなく(苦笑)
見渡す限り何も無い、ベタ凪の大海原で方角を見失ってしがみつく物も無いまま漂流している感じ
先生に救難信号をどう発していいのかわからないままプカプカ漂っていたら、上空から救援物資(先生からのおつかれさまメール)と海図(次の曲)が投下された!

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-10-18 21:06 | 練習 | Comments(4)

ぐるぐる考える

発表会以来何かがじわじわ浸食してきているので、これは何だろう?と考えてドツボにはまる

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-10-15 17:10 | 練習 | Comments(2)
発表会が近くなったので、沢山の書き込みで訳が分からなくなったカラフルになった楽譜と突き合わせながらレッスンノートを読み返す

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-10-01 20:56 | 練習 | Comments(2)

細かい所を詰めていく

発表会の案内をもらう
なんだかんだ言って後一ヶ月ちょっと
レッスン回数も片手で収まってしまう
慣れてしまって雑になってきた部分を片っ端から潰しにかかる

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-09-05 00:28 | 練習 | Comments(0)

そろそろ佳境?

去年の9月末から取り組んでいるサン・サーンスのハバネラ
少しずつ譜読みして、現在三分の二程まで到達

同じパターンが転調されて繰り返されているように見えて、実は少しずつ違っている、そしてその違いが楽しい曲
で、その「ちょっとの違い」がちゃんと分かるように弾かないと全然オシャレじゃなくなる
アクセントの位置の違い、スラーのかけ方の違い、調性の違いなどなど、ぼんやりと見ていたら「前出」との違いが分からないような違いだから、ちょっとした間違い探し気分だったりする
臨時記号のオンパレードだからだんだん「結局何調?」って分からなくなる所がたくさん(苦笑)あるのだけれど、転調する事によって少しずつ曲の色合いや彩度が変わるのが実感出来るから、弾いていて本当に面白い

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-03-05 00:38 | 練習 | Comments(6)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31