タグ:北九州国際音楽祭 ( 8 ) タグの人気記事

音楽祭のプログラム冊子に差し挟まれたオーケストラのメンバーの紹介を見て、あれ?と思う
このオーケストラはこの音楽祭のために結成された<マイスター・アールト組>(いわゆるベテラン演奏家)と<ライジングスター組>(若手演奏家)で構成されていて、毎回メンバーが違う(若手演奏会はオーディションで選ばれている)
一昨年はベテラン演奏家と若手演奏家が丁度半々だったと記憶している
ところが今年のメンバーは各パートのトップ奏者のみがベテラン演奏家で、ほぼ全員若手演奏家
音大生もちらほら・・・次世代どころかその次の世代になるのでは?
(後日マロ様の公式HPなどでテーマが「世代交代」だったとありました)
そしてもっとびっくりしたのがその人数
総勢50名(過去最多数だそうです)
指揮者を置かないオケなのでぐっと中央に寄った配置だけれど、それでもステージの上から演奏者が溢れそう
(先日の石坂団十郎氏のリサイタルと同じステージ)
プレ・コンサートは和気あいあいと楽しい物だったけど、さて本公演はどうだろう?

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-10-27 00:36 | 演奏会の感想 | Comments(0)
2年ぶりに聴きに行く北九州国際音楽祭
今回もN響のコンサートマスターである篠崎史紀氏率いるMeisterArt Risingstar Orchester(略してMAROオケってご本人はおっしゃっていましたが・・・)の演奏で開幕
今回もちゃんとプレコンサートがあったのだけど、これがなかなかちゃんとしたアンサンブルコンサートだったりするので聴き逃すのはもったいないから頑張って早目に家を出る

More
[PR]
by tamagoneko | 2016-10-23 00:31 | 演奏会の感想 | Comments(5)
いよいよ本公演
オケのメンバーは違えども、指揮者無しというスタイルは変わらず
今年もオールベートーベン
しかも超有名曲、クラシック音楽を知らない人でも絶対にタイトルだけは知っている(?)交響曲第5番&6番

More
[PR]
by tamagoneko | 2014-10-25 15:16 | 演奏会の感想 | Comments(0)
何と27回目を数える北九州国際音楽祭
オープニングを飾るのはN響のコンサートマスターの篠崎史紀氏が率いるスーパーオーケストラ、2年前も楽しかったよな〜と思ってパンフレットをよく見たら、あれ?何かオケの名前が違う
マイスター・アールトxライジングスターオーケストラ
解説によると、国内主要オーケストラの首席奏者等を務めるマイスターたちと今後の飛躍が期待される有望な若手奏者、総勢41名のこの音楽祭のために編成されたオーケストラだそうな
メンバーの写真を見ると18人が「マイスター」でおなじみの顔ぶれ、23人が「ライジングスター」
「ライジングスター」は見た感じ、多分、20代ばかりだろう
メンバーの半分以上が20代のプロオケってそういえば聞いた事が無い
どんな音を出すのだろう、楽しみ

More
[PR]
by tamagoneko | 2014-10-23 19:40 | 演奏会の感想 | Comments(2)
才能ひしめく世代の若手ヴァイオリニストの一人、成田達輝氏と新進気鋭のピアニスト萩原麻未氏のリサイタルを聴きに行く
実は翌日はこれもやはり新進気鋭の宮田大氏のリサイタルがあって、どちらを聴きに行くか迷ったのだけど(好きなだけ演奏会を聴きに行けるような身分ではないので)、この2人の組み合わせが聴けるチャンスはそうないだろう、と思ってこちらを選択
大正解!行ってよかった!

More
[PR]
by tamagoneko | 2013-11-10 20:41 | 演奏会の感想 | Comments(0)

ニンジンをぶら下げる♪

暑さに消耗し切ってしまいそうな肉体と精神にカンフル剤を!という事で、まだまだ8月に入ったばかりで夏真っ盛りだけど、11月と12月の演奏会のチケットを購入

More
[PR]
by tamagoneko | 2013-08-05 23:19 | 演奏会の感想 | Comments(0)
「いろんなオケのトップを集めてオケってどうなの?」と半ば失礼な事を思いながら聴きに行ったのが3年前の北九州国際音楽祭だった
で、これがめっぽう面白かったのだ
オケの皆さんがとても楽しそうに演奏しているし、聴いている方もとても楽しかったのだ
「音楽祭」に相応しい「お祭り気分」を満喫できた

で、今年は all ベートーヴェンプログラム
前回はオケの事など何も知らずに聴きに行ったのだけど、今回は少しは聴き方、見方が違うかな?なんて生意気な事を考えながら、開演前のプレトークの途中に着席(プレトークの前にプレ演奏会があったらしい。しまった)
1階のやや後方の中央の席なのでちょっと舞台後方の管のパートが見えないのがちょっと残念
弦は後ろのプルトが見えにくい・・・結構密集して座っている(弦が総勢20人なら確かにくっついて座らなきゃ、かな?)

More
[PR]
by tamagoneko | 2012-11-25 14:23 | 演奏会の感想 | Comments(0)
とにかく“濃厚・濃密”という言葉が相応しい演奏会だった
なんと3時間近い演奏会(三部構成/休憩2回)で、三部構成の各部ごとでも十分に個別のリサイタルになってしまいそうな感じだったのだけど(バッハからピアソラまでとりとめの無いプログラムのような気もしなくもなく)、演奏者と聴衆の集中力が途切れる事が無く、最後のブラボーまで夢のような時間だった(プログラムのとりとめの無さなんてぶっ飛んでしまう)

第一部の最初の2曲(バッハの無伴奏チェロ組曲第1番とシューベルトのアルペジオーネソナタ)だけで既にお腹一杯だったのですが、(川本さんのバッハがまた聴けるなんて!そしてこういうアルペジオーネソナタが聴きたかった!)味付けが変わると美味しい物はいくらでもいけるというか・・・・
ソロあり、デュオあり、トリオあり、カルテット(でいいのかな?)あり、と作曲された時代だけでなく演奏のスタイルもいろいろで目も耳も満足!

More
[PR]
by tamagoneko | 2012-11-14 20:08 | 演奏会の感想 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31