タグ:弦楽合奏 ( 42 ) タグの人気記事

アンサンブルの愉しみ

発表会の打ち上げでの余興の「勝手にデュオリサイタル」
弾く前に一杯どころか何杯かワインを飲んでから臨んだけれど、別に酔っぱらってはいない(自己判断)つもり(笑)
食事をしながらおしゃべりをしながら飲みながら、というざわざわした、人の演奏を聴いているんだか聴いていないんだか、という雰囲気の中、こちらもリラックスしまくり、ゲラゲラ笑いまくりで演奏
チョロっと合わせの練習だけじゃなくてしっかりレッスンもやってからのお披露目でよかった
肝心なところで指がもつれてしまったりしたけれど(頭ははっきりしているんだけど、やはり酔いは身体の末端にくるのね)、いや〜、本当に楽しかった!

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-10-20 18:59 | 練習 | Comments(0)
聴きに行ったのが自分たちの演奏会の衣装の話の記事を上げた翌日だった
さて、プロはどうか?というと・・・
ステージ上の女性陣を見てびっくり!

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-09-11 15:59 | 演奏会の感想 | Comments(0)
随分間があいてしましたがちゃんと感想をまとめています

♪アクロス弦楽合奏団 第11回定期演奏会♪

グリーグ:ホルベルク組曲 Op.40
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏 第2番 イ長調 Op.81
武満徹:ノスタルジア -アンドレイ・タルコフスキーの追憶に-
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 Op.22

アンコール
アンダーソン:プリンク・プランク・プルンク


アクロス弦楽合奏団
 コンサートマスター:景山誠治

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-09-11 15:24 | 演奏会の感想 | Comments(0)
弦楽合奏団の本番の2週間前程の練習前の出来事

練習会場は公共施設の一室なのでどんなに早く会場に到着しても、(たとえ前の使用者がいなくても)予約した時間丁度でないと一歩も中に入れない(笑)
仕方が無いのでロビーでたむろして管理人のおじさんの入室許可を待つ
そうこうするうちに、練習室の前の利用団体の面々がゾロゾロと退室しだした
年配の男女の集団
皆さん薄い直方体のアタッシュケースみたいな黒いケースを抱えている
練習室を使うからには音楽団体だろう
何の楽器だろう?
気にはなるけれどわざわざ声を掛ける事もないよね
なんて思っていたら、むこうからおじさんが一人声を掛けて来た

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-08-24 22:06 | 楽器とその周辺 | Comments(0)

衣装問題

弦楽合奏団の女性の本番の衣装はカジュアルでなければOKだったので、カラードレスの人もいればオケ同様に黒のドレスの人もいる
選ぶ衣装に各人の個性と楽器の特性(?)が垣間見えてちょっと興味深い
性格が明るく社交的な人は明るい色で肩や腕の露出もあまり躊躇しない
「だってそんなデザインなんだもーん」って感じ
音域が低い楽器の人程、落ち着いた色味とかデザインになる
カラードレス+黒のレースのボレロの組み合わせで往生際悪く(?)二の腕を隠そうとしても最終的には「ボレロを取った方がいいって!」とボレロを脱がされてしまう(笑)のは2nd Vnとヴィオラの人達
まあ、あの手のボレロって機能的ではないから腕を動かしにくい
弓をアップにした時に絶対に背中が突っ張ってしまって演奏中に「うおーっっ(焦)」となる事は確か
見た目にも披露宴とかで着用するならともかく、楽器もあるからちょっともっさりして見えるよね

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-08-19 18:26 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(2)

本番終了

本日無事(?)弦楽合奏団の本番が終了

私個人としてはいろいろやらかしたのでどこから反省していいのか分からない位反省する所だらけだった
みんなもあれこれやらかしていたらしい
コンマスですら練習で1回もミスった事の無い箇所でミスったりしていた模様
個人個人の演奏の出来不出来はともかく、全体としての演奏もなかなかスリリング(ものは言いよう)な部分もあったりした
まあ、つまり練習はおろか昨年の本番やこれまでのオケの本番ですら一度も経験をした事の無い「崩壊の危機」とか「止まる危機」に見舞われたりしたわけで(汗)
なんとか集中してギリギリ持ちこたえて突っ走ったのだけど
みんな内心「うわ〜どうするよ」と思いながら弾いていたんだって
音楽は一度流れ出したら止められないとはいえ、みんなメンタル強いよ(笑)
本番のステージの上には確かに何かがいるね、うん

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-08-11 23:24 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(0)

拡大コピーその後

製本途中(合奏練習直前!)で製本用のテープが無くなったけれど、白地に薄いグレーの模様が入ったマスキングテープがたまたま手元にあったのでそれを代用してこと無きを得る
教訓:製本は日程に余裕を持って!テープや糊の残量はちゃんと確認する

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-08-07 12:49 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(2)

拡大コピー

自宅で練習する分には問題は感じないのだけど(譜面台の場所は自分の好みだから)合奏練習だと楽譜が遠くて見えづらい
覚えてしまえばなんとかなるかな〜なんて思っていたけど、覚えたけれどどうにもならず
細かい部分はやはりちゃんと見えないと不安になる
この期に及んで(来週本番!)やっとこさ拡大コピーをする
A4→B4

a0155297_1946189.jpg



写真では分かりにくいかもしれないけれど、かなり見易い!
もっと早くにやればよかった
さ、製本、製本!
[PR]
by tamagoneko | 2017-08-04 19:46 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(0)

ニンジン購入

a0155297_9452226.jpg

上から
夏のお楽しみ
発表会前のプレッシャーのため
そして毎年恒例のニンジン♪

頑張って働け、私!
[PR]
by tamagoneko | 2017-07-29 09:45 | 演奏会の感想 | Comments(0)

叩く

今回の弦楽合奏団のメインはブリテン
“ Presto possible –pizzicato ~ “と2楽章の冒頭にある
pizz. で可能な限り Presto ですか・・・
ただでさえリズムがややこしいというか休符の入り方が変則的だから音符を並べるだけで結構満足感があるのですが(笑)
あまり速くなると楽譜にかじりついてしまって必死感が出るというか余裕の無い演奏になる
2楽章のタイトルは “ Playful Pizzicato “ なんだけど、どのあたりが “ Playful “ なんだよ〜って感じ
慌てると空振りするし
別の弦をはじいてしまうし
かと言って確実に弦をはじける速さだとこの楽章の魅力である、ころころと転がる楽しい感じが半減してしまう事も確かなのだ
ついでに言うと、結構ダイナミクスの振り幅が大きいから強弱をつけるのも難しい
ff はともかく、pp で presto なんてだんだん右手も左手も力加減がわからなくなる
むうう・・・

More
[PR]
by tamagoneko | 2017-07-26 21:33 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31