今年のレッスン 2015 (ヴィオラ)

今年を振り返る、ヴィオラレッスン編
全部で10回(内分け:オケシフト4回、通常レッスン4回、弦楽合奏シフト2回)
あれ?思ったより少ない?
今年は沢山ヴィオラを弾いたし、必ず月1回レッスンがあったような気がするけれど気のせいか?




1月から4月までがオケシフトレッスン
最初の目論みが外れて、とにかくドヴォルザークのドツボにはまって(訳が分からない部分が雪だるま式に増えていく!)ドヴォルザークばかりやっていた記憶しか無かったけれど、記録を確認したらちゃんとベートーヴェンも見てもらっていた
ベートーヴェンは確認作業だけだったから印象は薄かった模様(苦笑)
ドヴォさんは結構がっつりと見てもらった
去年のオケシフトレッスンはほとんど確認作業だったから、「私も随分進歩したものだわ♪」なんて思ったけれど、勘違いだったらしい(がっかり)
それでも、オケの本番終了後、ベテラン(でも実は同い年だった事が発覚)のヴィオラ弾きさんに「上手くなっている」とお世辞でも誉めてもらった
根気づよく付き合ってくれた先生に感謝

通常レッスンは昨年と同様にSUZUKIを中心に
 ヴィオラの基礎奏法と教材 森川京子編著
  ハ長調とト長調の音階2オクターブと分散和音

 Suzuki Viola School Volume 4
Vivaldi : Concerto in D Minor, 1st Mov
Vivaldi : Concerto in D Minor, 3rd Mov
Telemann : Concerto in G Major 1st and 2nd Mov

Carl Bohm : Moto Perpetuo

SUZUKIの教本はこれまで、Vn の時の貯金で何となく弾けてしまいがちだったのだけど、さすがにこの辺りになるとそうはいかなくなってくる
それでも、ヴィヴァルディ、面白い曲!と魅力を再発見したり、とちゃんと収穫はあった
まあ、すっかり忘れていた所もあったので大変だったけれど(笑)
テレマンも弾いていてとにかく楽しい曲
譜面ヅラは何だかエチュードみたいなのだけど、弾いてびっくり!
弾かないと面白さが分からない曲かもしれない
年内にVolume 4 が終わるかと思ったけれど終わらず
別に教本を進める事を重要視している訳ではないけれど、Volume 5 が扱っている曲が面白いので早く弾いてみたい〜と思っていたから、ちょっと残念
来年はテレマンだけで終わってしまう(=結局Volume 4のみ)という事は多分、無いと思う
思いたい

「弦楽合奏シフト」とありますが、これは来年発足する(予定)の弦楽合奏団の曲の事
これは確認作業
ヴィオラで初めて合奏をした曲(というか初めてヴィオラで弾いた曲)に再会
当時のフィンガリングは1ポジばかり
今となっては、これでよく弾けたなあ、とむしろ感心
ポジション移動って合理的なシステムなのね〜と今さら当たり前の事を実感する
弦楽合奏団で弾く予定の曲は他のパートと一緒じゃないとちゃんと弾けない曲ばかりだから(ヴィオラパートだけなら簡単に音は並ぶ)、多分、来年はレッスンで泣きついたりしないと思う
思いたい

今年はオケで弾いていて「こんな風に弾きたい」等、「表現する」事に神経がちゃんと届いているのを実感する事が多かった
レッスンの効果の回収率は不明だけど、ちゃんとそれなりに実を結んでいる・・・と思う
思いたい(笑)

先生、来年もよろしくお願いいたします
[PR]
Commented by morpheus-cello at 2015-12-27 21:39
わ~、テレマン、素敵ですよね~。今弦楽アンサンブルで練習中です♫
やはりヴィオラの教本はスズキ(しかも輸入盤ですよね?!)がメインなのでしょうか★
明後日ヴィオラのレッスン第一弾なので、ドキドキわくわくな気持ちで拝見しました。また色々と教えてくださいね~。
お疲れ様でした♪
Commented by tamagoneko at 2015-12-27 23:38
morpheus-celloさま
私も新年の弾き初め会でテレマンを合奏する(ソロは私ではないです〜^^;)のでヴィオラパートを練習中です♪

いよいよレッスンが始まりますか!楽しみですね!
私までワクワクします(なぜ?)
教本ですが、SUZUKIのヴィオラ版(はい、輸入版です)はここ5、6年で使われだしたような気がします
私も最初はSUZUKIではなく、森川先生の本とヴィオラのアンサンブルの本を使用していました
メジャーな所ではやはり磯先生の本とかカイザーとかセブシック(いわゆるヴァイオリンのメカニカル系エチュード)のヴィオラ版とかでしょうか
私のコンビケースの前の持ち主は音大でSITTを使用していたようです
SUZUKIは「短くてよく知られている曲」ばかりなので飽きないし、音を外したら自分で分かる、という利点があって、なかなかよく出来ているなあ、と思います

Commented at 2015-12-29 13:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2015-12-27 20:48 | ヴィオラレッスン | Comments(3)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30