9月22日(祝) 石坂団十郎 チェロ・リサイタル

前から3列目のど真ん中、チェロのほぼ真正面という絶好の座席で、時代が少しずつ違うチェロソナタを音はもちろん、演奏の所作からピアニストとの遣り取りまで丸ごと堪能した演奏会
特に後半が素晴らしかったと思う

今年はオーケストラの演奏会よりもソリストの演奏会を聴きに行っている
必然的にソナタを聴く事が多くなったせいもあるかもしれないが、ソナタが二重奏である、という事が強く印象づけられる演奏会が多い
今回もそんな演奏会だった




ベートーヴェンのチェロソナタはおなじみの曲
チェロが素晴らしいのはもちろんなのだけど、ピアノ!
うわ、ベートーヴェンだ!!!
ピアニストの児玉さんはとても華奢な方で、別に力ずくで弾いている訳ではないのに、かっちりとどっしりと、堅牢な石造りの建造物のようなベートーヴェン
うわぁ、と思いながら聴いていた第1楽章の終盤に差し掛かった時、ガッとチェロから変な音がしてビヨン、と何かが跳ね上がった
あれ?弦が切れた?
でも演奏は何事も無く続く
気のせい?でも弦は3本だよね?A線が無いよね?
何度数えても弦は3本なのだけど、涼しい顔で演奏が続く
そのまま第1楽章を弾き終えて石坂さん、一旦退場
どうも弦は切れたのではなくて、外れたみたいだった
初めて見た(聴いた)よ〜
再開された演奏はそんなアクシデントがあった事なんて感じさせないものだったのだけど、本当、びっくりした

プログラムの最後はブラームス
ブラームスのチェロソナタの1番は演奏者によってとても情熱的でロマンチックだったり、逆にストイックな感じだったりするのだけれど、石坂さんの演奏はどちらかと言うとストイックな感じ
(なので私好み、どうでもいい情報だけど)
私は上村昇さんのブラームスのチェロソナタが好きで、4年程前に生で聴く事ができた(何と同じ会場、多分同じ席)ので、もう他の演奏は聴かなくていいや、と思っていたのだけど、いや、今回聴いてよかったと思う
一つ一つ丁寧に弾かれた音がそのままお人柄を反映しているんだろうな、と思わせる演奏だった



♪石坂団十郎 チェロ・リサイタル〜絶えることのない音楽の感情〜

R.シューマン:3つのロマンス op.94
F.プーランク:チェロ・ソナタ
L.v.ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番 イ長調 op.69
J.ブラームス:チェロ・ソナタ第1番 ホ短調 op.38

アンコール
サン・サーンス:白鳥
ダヴィドフ:噴水にて

チェロ:石坂団十郎
ピアノ:児玉麻里


オマケの話 1
初めて石坂さんの演奏を聴いたのは九響の定期のプロコフィエフだったと思う(6、7年前?)
数年前はトリオでの演奏を聴いた
で、今回はソロリサイタル
いろいろな演奏会を聴いてきたけれど、協奏曲も室内楽もソロも聴く事が出来た演奏家って初めてのような気がする・・・

オマケの話 2
石坂さんといえば(?)メガネ姿が知的で素敵♡と思っていたのですが、なんとメガネ無しで登場
何年か前のトリオでの演奏会ではメガネ姿だったはず・・・
終演後、弦楽合奏団のヴィオラ隊長とチェロさんとなぜかこの「メガネ問題」で盛り上がったのでした・・・
あ、もちろん、メガネ無しでも素敵でしたよ*^^*
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2016-09-27 21:22 | 演奏会の感想 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30