ケータイの顛末

ケータイが壊れたときはどうするか?
ざっと考えられる選択肢は以下の4つ
1. 同一機種の新品と取り替える
2. 別の機種に変更する(もちろんガラケー)
3. スマホに乗り換える
4. 修理に出す
まあ、3. は無いのだけどね、など考えながらケータイショップに足を運ぶ




3年弱ぶりに来たケータイショップ、何だかガランとしている
金曜日(先週の話です)だからお客さんが少ないのかな?と思ったら「現在60分待ち」の表示が!
あ、みんな待ち時間を他のお店で潰しているのね(いわゆる駅ビルの中のお店なので)
一瞬ひるんだものの、それなりに緊急事態ではあるので、そこは我慢せざるをえない
(軽い気持ちで「スマホにしようかな♪」とか「他社から乗り換えようかしら♡」なんて感じで来たお客さんだったら一瞬で戦意を喪失する待ち時間だと思うのだけど、そうでもないの?)
受付番号を受け取って問診票を記入
電話番号や症状など必要事項の他に「機種変更しますか?」の設問が
しばし考え込む
結局私はどうしたいんだろう?
5分程考えて「修理に要する時間次第」と回答
要はこの困った状況から脱する事ができるなら手段は問わない、という事らしい・・・

お店の人に問診票を渡して、ケータイショップの中をうろうろ
ガラケーは「一応取り扱っていますよ」感ありあり
本当にこれだけ?と不安になる
相変わらずスマホは私の目にはどれも同じに見えて何の魅力も感じる事ができない
うん、スマホに乗り換えは無いな
どちらかと言うとタブレットの方がいいかな・・・
そんな事を考えながらうろうろしても5分くらいしか経過しなかったので、待ち時間を確認してから買い物に行く事にする

買い物から戻って来たら待ち時間が何と100分になっている
これはお店の人も大変だね〜
しばらく待っていたら呼ばれたのでカウンターへ
壊れたケータイを確認してもらって、提示された案は以下の通り
1. 新品の同一機種と交換:ただし、店頭在庫が無いので2日ほど待つ必要あり
2. 修理:2週間ほどかかります
1. 2. 共に代替の電話をお貸しします(ちゃんと代替機パックが準備されていた)
3. 機種変更:ただし、現在使用しているP社の後継機は店頭在庫も入荷予定も無い
他店舗に問い合わせて、たとえあったとしても後日引き渡し
なんだかどれもなんだかなあ

結局、1.と2.を選んだらまたケータイショップに来なくちゃいけないし、そこまで壊れたケータイ自体に修理してでも使いたいという愛着がある訳でも無いし、3年近く使っているし、この機種に執着がある訳でも無いし、で機種変更する事にした
もちろんガラケーに(笑)
ただし、N社一択(笑)色は選べた
それにしても、2年縛りがつくのは全然かまわないのだけど、次壊れた時にガラケーがこの世に無いような気がする(と思ったら案の定?i-mode 携帯の出荷は年内まで、というニュースが!!!)

丁度スマホに切り替えませんか?キャンペーンをしていたのでとても控えめに(笑)案内はされたのだけど、やはりどんなに考えても要らないんです、とお断りをする
担当してくれたお嬢さんがちょっと気の毒になったので、タブレットとガラケーの2台持ちの場合の料金の事等を訊いてみる
だいたい月々いくらです、と即答
いつも思うのだけど、どうしてみんなあんな複雑な料金体系をすんなりと理解出来るのだろう?
というか、みんな理解してるの?
わざと分かりにくくしているとしか私には思えないのだけど?

データの移し替えに15分程待って、新しいケータイを受け取る
結局なんだかんだで2時間以上費やしてしまったのだけど、なんか楽しくない買い物をしたなあ、という気分しか残らなかった

長くなったので、次に続く
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2016-11-03 18:08 | お買い物 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30