ギータ!ギータ!ギータ!

今年の交流戦のMVPは柳田選手が受賞(2度目)
2度目の受賞は交流戦史上初との事
おめでとうございます
本塁打の本数(7本)や打点(23)や得点圏打率(.565)も素晴らしいのだけど、数字よりも「笑撃のぼてぼてサヨナラヒット」とかその翌日の特大ホームランとか、ファインプレーとしか言いようの無い守備とか、素直に「すごい」と思わせる所が素晴らしいと思う
(開幕〜5月初めまでの酷い状態は誰だったんだろう?)




昨日の試合で3打席連続本塁打(ソロ、ツーラン、スリーラン)を打って西武の菊地投手をボッコボコにしたのだけど、その2本目がプロ通算100号本塁打だった
で、今朝のローカル情報番組で「プロ第1号」を打った時の映像が流れた
5年前の8月
身体は細いし顔つきも幼い
小久保選手(当時)が「自分の後継者」みたいな事を言っていたけど「そう?」って思っていたなあ、なんて事を思い出す
で、そんなこんなで月日は流れてポツポツと名前が売れて、身体つきはともかく、トリプルスリーを達成した一昨年あたりから顔つきが全然違ってきているのが興味深い
やはり、実績が自信を生み、自信が顔つきに表れるという事がよく分かる
「顔つき」というか「面構え」と言った方がいいかな?
何とういか頼もしい面構えになったなあ、と思う

6月23日(金)
西武 0 – 10 ソフトバンク
勝:東浜
負:菊地
本:柳田(16、17、18号)

6月24日(土)
西武 3 – 2 ソフトバンク
勝:十亀
負:松本裕
本:メヒア 外崎

ホークスは交流戦であんなに勝ったのに、楽天が1.5ゲーム差で上にいる
不思議
いや、「主力」がいないのにこの位置にいる方が不思議?なんて言ったら頑張っている選手達に失礼だろう
でもこれも不思議
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-06-24 23:24 | ホークス | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30