メンテナンスのスケジュールを考える(ヴィオラ)

弦楽合奏団の本番直前の練習日のスケジュールの連絡が来て、ぼんやりと遠くにあった筈の演奏会がにわかにくっきりと視界に入る
いろいろ自分の演奏に不安があるけれど、それはまあ、私が頑張ればいいだけの事(本当か?)
で、ちゃんとした演奏をするためにも楽器をちゃんとメンテナンスしておかなくちゃいけない




◯弦を交換する
もちろん、ドミナント+ラーセンの一択(笑)
張り替えた後、弦が落ち着くまでの時間と弦が本領発揮する期間を本番から逆算するともう少し先でいいのだけど、「まだ6月」と思っていたけれど実は来週は7月に入るという事実に気がついたのでぼちぼち新しい弦を準備しておこう
◯毛替えと楽器の健康診断をする
本当はもう弓毛のキューティクルがヤバい感じになっているので替えた方がいい、という事は分かっている
でも今梅雨だしなあ・・・
工房に行ける週末も限られているし
毛替えだけなら弓のケースがあるから平日に行けるけれど(というかそのためにケースを買った)去年はヴィオラの健康診断をパスしたから今年はお願いしたい
もっと言うなら健康診断だけでなく、ニスのリタッチもお願いしたい
楽器の肩の手が当たる部分のニスが薄くなっているのはそんなに気にならないのだけど、肩当ての足が当たる部分など割とキズっぽく「剥がれている」感じになっていてちょっとこれは気になる
工房に以前問い合わせたら何日も必要では無いとのことなんだけど、それでも工房に行くと一日仕事になってしまう
なのでやはりどうしても週末なんだけど、工房、開いているかしら???
今回もバタバタになりそう・・・
もうちょっと落ち着いてスケジュールを組まなければ・・・

今日、家での練習の後、楽器をしまおうとしたらケースが閉まらなかった
フタがきちんと噛み合なくて受け口みたいにずれる
鍵はおろか、ぐるりのファスナーすら閉める事ができない!
肩当てが浮いているのかなあ、と確認したけれどきちんと収まっている
じゃあ、楽器に何か当たる事も無いね、と思ってフタを押したけれど閉まらず
げ、明日練習なのに、まあ、最悪コンビケースで行くか、など一瞬いろいろグルグル回ったのだけど、もう一度落ち着いて確認したら小物入れの中で松脂がつっかえ棒になって小物入れのフタがきちんと閉まっていなかっただけだった
なんだ、よかった
無理矢理ケースのフタを押して自分の手でケースを壊すところだった
ただでさえ物入りなのにこれ以上は今はちょっと困る(笑)
まだ次のケースを何にするか決めていないので、壊れるのはもうちょっと待ってね
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-06-25 00:17 | 楽器とその周辺 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30