それは楽器のせいではない

昨日の弦楽合奏団の練習の休憩中での出来事

ヴィオラ隊長がいつもと違う楽器を弾いていた
訊くと地元オケのチェロ弾きさん所有のヴィオラとの事
弾かれること無くしまいっぱなしで全然鳴らなくなったのを預かってゴリゴリ弾いて楽器を起こしている途中で、最近やっと大きな音が出るようになってきたそうで
その楽器を見せてもらっている間、私の楽器を隊長が遊び弾きをする
で、一言
「なんだ、この楽器ちゃんと大きい音出るじゃない」




はい
知っています
しかもすっごく朗々としたいい音が出るんです

あ〜、やっぱり、合奏中の私の音が小さいのね〜
隊長は私のヴァイオリンの腕もご存知だから、ヴァイオリンの腕から考えて、もう少しヴィオラも音が出せる筈→音が小さいのは楽器のせい?と考えていたのか?
ところが弾いてみたらびっくりする程大きな音が出る!

楽器そのものがしょぼいから音が小さいのではなく
楽器が寝ぼけているから音が小さいのではなく
楽器の調整が悪いから音が小さいのではなく
そう、楽器が悪いから音が小さいのではないのだ
単純に自信の無さがそのまま音の大きさに反映しているだけなのだ

今回の練習ではちゃんと隊長が隣に座っているから別に迷子とか置いてきぼりの心配は無いし、それなりにちゃんと弾けているはずなのだけれど
何とな〜く、大きな音が出せない
悪目立ちしそうで怖いのだ
別に合奏をぶち壊す程の大音量を私が出せるとは思わないけど
本当、単純に自信が無いのだ
この自信の無さはどこから来るのか???
ちゃんと音符は並ぶようにはなっているのだけど、そこから先の掘り下げは足りないかなあ
やっぱ、そこか
分かっているのならやろうよ、私

音が小さい原因が楽器に無い事が隊長にバレてしまった
自信を持って大きな音が出せるよう、本番まであと一ヶ月半、精進いたします
(これ言うの今月何回目?)
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-06-26 22:12 | 弦楽アンサンブルに挑戦 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30