ビビるほどではない

先月海外出張のお土産にフィンランドのサルミアッキを買って来た同僚と張り合うつもりなのかなんなのか知らないが、職場の後輩が夏休みのシンガポール旅行のお土産に買って来たドリアンチョコ

a0155297_1893998.jpg


濃いビターチョコレートって凄い!
全てがチョコレート味になる!

結局ドリアンってどんな味だったのか不明(苦笑)なんだけど、時々海外のお土産でもらう「ちょっと残念なチョコレート」なんかより余程美味しいかった
かなり警戒して口にしていた職場の他の人達も拍子抜け





そういえばあの大量にあったサルミアッキはどうなったのだろう?
購入者が面白がって配りまくっていたけれど、捌けたのか?
オランダ土産にリコリスのグミをもらった時も思ったのだけど、あの系統の味の美味しさがよく分からない
美味しいとか不味いとかって好みの味か否か?と思っていたが、どうも味覚のチャンネルというか位相というものが根本的に違う世界があるような気がする(大袈裟)

「意外に普通だね」という皆の言葉にホッとしつつもちょっと不満げなドリアンチョコ氏
「変な味のお土産」の伝統なんて作らなくていいからね(笑)
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-09-21 18:09 | 日々のこと | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30