日本一!になってから

今シーズン一番のスリリングで劇的なサヨナラ勝ちでホークスが日本一になったのが11/4の深夜
(余談だが、今シーズンのホークスはオープン戦、レギュラーシーズン、交流戦、CS、日本シリーズ、全て2勝1敗ペースの勝率だったりする)
第7戦までもつれたらどうなったか分からなかったから、本当によかった〜、おめでとう〜!ととてもいい気分で夜更かしをした翌朝
いきなり3コーチの退団のニュース
もう、優勝の浮かれた気分も吹っ飛んでしまうほどのショック
確かに、噂にはなっていたけれど、もうちょっと余韻に浸らせてくれてもいいのに





特に鳥越コーチは選手の時からファンだったので(うっとりする位守備が上手なのに、びっくりする位打撃が残念だったところが好きだった)本当にショック
佐藤コーチや清水コーチは監督や達川ヘッドコーチと役割がかぶりがちだったからやり辛いところがあったんだろうなあ、なんて勝手に推測してしまうのだけど、鳥越コーチは!
今シーズンのキーワードの一つである「鉄壁の守備」は鳥越コーチあってこそなのに
球団、手放していいの????

なんて事をうだうだ考えていたら、彼らの教え子筆頭の今宮選手と甲斐選手がゴールデングラブ賞とベストナインをW受賞した
二人ともキャリアハイの成績
そんなニュースや退団についての今宮選手や鳥越コーチのインタビューを見ていたら、ああ、みんな次のステージに移る時期が来たんだなあ、と何か納得した
別に鳥越コーチが野球をやめるわけじゃないし
別のチームでまた新しい選手を育てるところを見ることができるのだし
新しい環境で一から始めるというのは結構楽しいはずだろう
頑張ってほしいなあ

・・・・と思っていたのだけど
実際にロッテのコーチに就任したと発表された時、やっぱり、がっくり、寂しいなあ、とイジイジしてしまった
明後日のパレード、中継を見る楽しみが一つ減ったなあ・・・



[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2017-11-24 17:33 | ホークス | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30