山賊退治 第1ラウンド

GWの9連戦を5勝4敗で勝ち越したものの、オリックスには2カードとも負け越すし(なんで9試合のうち6試合が同一カードなんだ?)、内川選手の2000安打はあと1本で足踏みしっぱなしだし、で、なんとなく「一応2位にはいますがね」といった感じのホークス
首位のライオンズとはなんと6.5ゲーム差
離されてるなあ

ライオンズ、物凄い勢いで走っているよね
よそのチームの事ながら、イーグルスが心配になるくらい勝ち方がえげつない(笑)からゲーム差以上に強さを感じる

そんな怖い怖いライオンズとの2連戦
故障から復帰2戦目になる千賀投手と勝ち頭石川投手で取りに行く!
この二人で勝てなかったらどうしようもない事になるよね・・・

おや、関東地方は雨の予報ですね
今年のライオンズ戦はよく雨が降るなあ
今回も中止かな
今の勢いのあるライオンズと戦うのも嫌だけど、代替試合で昨年のイーグルスみたいに秋に連戦が続くのも嫌だなあ
ライオンズとしては勢いがあるうちにホークスを叩きたいだろうなあ
(あれ?叩かれるの前提?)





結局、中止にするほどは降らなかったのか試合開始
「雨の中の試合の千賀投手」といえば4/6のイーグルス戦をどうしても思い起こしてしまうから、(4月に放送されたNHKの「アスリートの魂」参照)せっかく怪我から復帰したのにまた怪我をしたらどうしてくれる!と思いながら観戦する

とにかく5回まで進めて試合を成立させてしまおう!と両チームとも思ったのか、かなりのハイペースで試合が進む
ライオンズのカスティーヨ投手(苦手としてるよね)も好投をして息詰まるような投手戦で両者譲らず
これで試合が成立しなかったら両投手が気の毒すぎる!
とみんなが思ったのか、かなり激しい雨の中試合が続き、無事5回を迎えて試合成立
そのまま両投手力投を続けて7回まで両チームとも得点なし
こんなに頑張って投げているんだから勝ちを付けてあげたい(もちろん千賀投手に)
これで降雨コールド、引き分けは気の毒すぎる
でもこれで負けたらもっと可哀想すぎる
と思ったのは現場もそうだったのか?
8回の表にライオンズの3人目のピッチャーから4点を奪う
でも雨はどんどん激しくなってくる
せっかく点を取っても裏の攻撃がなかったら「8回」がなかった事になるので引き分けで終わってしまう!

解説者が「審判団も引くに引けないんでしょうね〜、この雨の中、お客さんも選手も審判団も可哀想です」という主旨のことを何度か言っていた
確かに、この段階で降雨コールドの宣言、してもしなくても遺恨が・・・

結局、水たまりだらけのグチャグチャなフィールドで試合は最後まで行われて、ホークスがライオンズを完封!
千賀投手の力投が報われて一安心
2勝目!


ソフトバンク 5 - 0 西武
勝:千賀
敗:ワグナー
本:柳田(9号)

この試合でも内川選手の最後の1本は出ないまま
(先制のきっかけの1本は3塁手のエラーでヒットにならず)
これで負け試合だったら一番可哀想だったのは内川選手のお父様と弟さん(男前!)かもしれない


[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2018-05-08 23:40 | ホークス | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30