申込書を受け取る

昨日は弦楽合奏団の本番が終わってから迎えた最初のヴァイオリンのレッスン
「伝説曲」中間部の重音だらけの箇所がなかなか(全然?)綺麗に流れないなあ
でもまあ、大雑把だけどまとまりつつあるかな?
(自己評価甘め)

レッスン終了後、先生の手に1枚の紙
「これ、お渡ししてましたっけ?」
発表会の申込書!






今年は発表会が例年より少し早くて、弦楽合奏団の本番との間があまり開いていないという事はわかっていたけれど、改めてリハーサル等を含めたスケジュールを書面で見て
「全然わかっていない」事に愕然とする
漠然と1ヶ月後だと思っていて、後4、5回はレッスンが受けられるな、と思っていた
確かに発表会まではまだ1ヶ月以上あるのだけれど、発表会の前の週にリハーサル、さらにその前の週に1回目のピアノ合わせがある
という事はレッスンは実質あと2回?!
えええっっ???
1回目のピアノ合わせまでに「伴奏の先生と色々打ち合わせができるレベル」まで仕上がるのか?
いや、まあ、仕上げなくちゃいけないのだけど
レッスンの回数の少なさにもびっくりしたのだけれど、それよりも1回目のピアノ合わせが思ったより近いのでうろたえる
なんとなく「ピアノ合わせまで1ヶ月ある」と思い込んでいた

これはちょっとギアを上げてさらわないと「とりあえず間に合いました〜」という本番を迎えそう
それはイヤ


[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2018-08-20 18:21 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30