開放弦だけでも

少し話が遡ります(丁度この頃前後)

体力的にも気持ち的にもあまり余裕が持てないからなのかもしれないが、「できること」「できないこと」「やりたいこと」「やりたくないこと」の判断がものすごく早くつくようになった
「グズグズ迷う」とか「とりあえず保留」がなくなった
(「保留しっぱなしでどこかへ行ってしまう」ともいうかもしれない(苦笑))
で、「趣味」である音楽もどうしても優先順位は下がってしまうのだけど、それでもそれなりにレッスンの事など先のことを考える前向きな気持ちはあった
そんな風に前向きなのにどうしても迷ってしまったのがヴィオラの事

ちょっと弾くのがしんどい(気がする)
曲を弾く以前に楽器を構えるのも辛い(気がする)
レッスンに楽器を持っていくのも辛いなあ
合奏団もお休みするしなあ

別にヴィオラを弾くことを止めてしまうつもりは毛頭ないのだけれど、如何せん、思考回路がかなり短絡的になっているので、考えが妙な方向に転がって行く

弾けない(弾かない)なら楽器、里子に出そうかなあ




私のヴィオラは私が初代のオーナーなので、ある意味、私には楽器に対する責任がある
過去にも色々記事にした事があるけれど、元々ポテンシャルの高い楽器なのに亀よりも遅い私の上達に合わせて(?)かなりのんびりと成長しているので、常々申し訳なく思っている
かなりのんびりとはいえ、ここ何年かは自分で弾いていてもよく鳴るようになったなあ、と思うし(私が上手になったというより単に弾く時間が多くなったからなんだけど)、先生からもそれは指摘されていた
(ヴィオラ隊長からは「もうちょっと弾き込め」と言われたけど)
これからもっとよく鳴る楽器になるはずなのに、ここで弾かなくなったら元の木阿弥じゃない?
(実際2ヶ月弾かなかったら拗ねてしまってた)
それじゃこの子がかわいそう
どうしよう?

で、「里子に出したらどうだろう?」という結論(?)に達する

別に見ず知らずのヴィオラ弾きさんに、というわけではない
教室に預けて先生に使ってもらうとか
ヴィオラに挑戦してみたい人に使ってもらうとか
なんなら先生の息子さん(プロのヴィオラ弾き)のサブのサブのサブの楽器としてがっつり弾いてもらうとか(図々しい)
色々妄想は拡がる(笑)

再開レッスンの時にそんな話を先生にした
そうしたら先生が一言
「たまに開放弦を鳴らすだけでいいから、楽器が手元に無いと本当に弾かなくなっちゃいますよ」

あれ?
ああ、そうか
そうだよね
手元になかったら本当にさよならになってしまうよね?
なんでそこに気がつかない?
わざわざ自分から手放すこともないよね?

これからしばらくはまともに弾く事ができなくてまた寝ぼけてしまうだろうから申し訳ないのだけど、ちゃんと手元に置いておこう
元気になった時に取り戻せばいいだけのこと




名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tamagoneko | 2018-12-27 15:38 | 楽器とその周辺 | Comments(0)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31