タグ:発表会 ( 72 ) タグの人気記事

発表会雑記

何となく自分の中に盛り上がりが欠けつつも(衣装とかも結局盛り上がらず)リハーサルから発表会までの1週間、練習に励む
弾くからにはきちんと形にしないと、曲にも先生にも聴いて下さる方にも失礼だよね

まあ、そんな高尚なことはともかく(笑)
発表会が近くなるにつれ、練習を積んだ効果がやっと出てきたのか、ずっと問題だったポジション移動などがきちんとハマり出したり、途中で崩れかけた時の修正の仕方がわかったり、と今まで弾いていてストレスを感じていた事が解決されてきて(鈍感になったとは思いたくない)弾いていてだんだん楽しくなってきた(現金)
これはなかなかいい感じ?


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-10-01 17:40 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)
話が前後するのと時間が経っているので簡単に

リハーサルの前に発表会前の最後のレッスン
出だしのショボさの原因について:始まってすぐのポジション移動を不安がっているだけでなく、弓のスピードと使う量(長さも毛の量も)が少ない事も原因
せっかくvib.をたっぷりかけるのだから弓もたっぷり使いましょう
中間部:基本的に同じパターンの繰り返しなので、1回目多少怪しくても2回目、3回目に少しずつ修正ができている・・・のはいいけれど、1回目から決めましょう
大きく目立つ箇所のみ修正
細かな音程については今更なのか(今更だろう)特に触れられず
最後の音はもう少し上
最初と最後が肝心


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-09-26 18:27 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)

発表会終了

a0155297_21295487.jpg

無事?終了しました
[PR]
by tamagoneko | 2018-09-23 21:29 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)
発表会前最後の(はず)レッスンとリハーサルの前日、ホークスvs. ライオンズの天王山第1ラウンドが気になりつつ(おい)ちまちま、みちみち練習をする

出だしの第一声、vib.を効かせてもう少し粘りたいのだけど、ポジション移動する次の音でなくてこの音に集中しなくちゃ!と思えば思うほど、「違う」と思って止めてしまう事を繰り返す
これっていわゆる「間違った動き」を覚えてしまうパターンだよなあ
わかっていながらドツボにハマる

弾いていてポジション移動が上手くいかない、というか指を見失ってしまって流れが止まる箇所があったので確認したら、そもそも移動の必要が無いのに勘違いしていた事が
今更発覚して落ち込む

前回のピアノ合わせでなんとか落ちなかったけれどアワアワ状態だったのはテンポが速かったせい?という事に思い至る
ピアノ合わせの前日にピアノパートを確認したくて(ピアノ譜が無いため)CDをかなり繰り返して聴いていたので、その速さが染み込んでいた模様
伴奏の先生もまず一般的なテンポを提示されるから、CDのテンポが染み付いている頭は違和感なんて感じないよね
もうちょっとテンポを落としてもらおう


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-09-18 17:56 | Comments(0)

ピアノ合わせ(1回目)

細部がきちんと詰められていない状態でピアノ合わせの1回目
曲を区切って細かく打ち合わせをしながら

以下(うろ)覚書
出だしの前奏が速いかも、と思ったら第1声で仕切り直しが可能なので、無理して乗っからない
出だしを含めてテーマのフレーズ(レーレのオクターブ)をもっとちゃんと丁寧に弾く
→二つ目の「レ」の移弦とポジション移動に気を取られて軽すぎ
伸ばす音のカウントを見失わない
カデンツっぽい部分の次に入るタイミングの合図をちゃんと出す
などなど





More
[PR]
by tamagoneko | 2018-09-14 17:55 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)

読み落とす

ピアノ合わせの前の最後のレッスン
一通り弾き終わったところで先生が突然
「どうされます?ここ(後半)からミュート、つけます?」
「え?」
「・・・"con sord." ってありますよ???」
「えええ?」
あら、本当、書いてある(焦)


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-09-03 18:55 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)
レッスンからの帰宅後、楽譜への書き込みをレッスンノートに書き起こす

発表会前のレッスンが残り少なくなる中、「伝説曲」は曲のニュアンスやら音程やら細かい箇所を詰める段階に


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-08-29 18:26 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)

申込書を受け取る

昨日は弦楽合奏団の本番が終わってから迎えた最初のヴァイオリンのレッスン
「伝説曲」中間部の重音だらけの箇所がなかなか(全然?)綺麗に流れないなあ
でもまあ、大雑把だけどまとまりつつあるかな?
(自己評価甘め)

レッスン終了後、先生の手に1枚の紙
「これ、お渡ししてましたっけ?」
発表会の申込書!




More
[PR]
by tamagoneko | 2018-08-20 18:21 | ヴァイオリンレッスン | Comments(0)

お色違いがございます2

弓の毛替えの出来上がりを待つ間、ご飯を食べて街中をプラプラする
一緒にいるのが弦楽合奏団のメンバーでかつ同門でもあるので、自然と演奏会本番と発表会の衣装をどうするか?という話になって服を見に行く事にする

演奏会本番が近いけれど、衣装は全くのノープランに近くて昨年と一緒かなあ、でもブラウスは違うのにしたいかなあ、なんて話しながらせっかくなのでデパートのドレス売り場とかフォーマルウェアコーナーをはしごする
お値段が素敵なので絶対に買うことはないけれど、見るぶんには、ね
楽しいし

今年はグリーンが流行なのか綺麗なグリーンが目立つ
いわゆるピーコックグリーンというかちょっとニュアンスのある、漢字なら翠の方が合うような色
グリーン、綺麗だよね〜
でも絶対誰かが着るよね〜
あ、この黄色(マスタードイエロー)綺麗〜
黄色は今まで誰も着てないんじゃない?

そんな事をワイワイ言いながら手に取って眺めていたら、店員さんがスススッと近寄ってきて
「お色違いでネイビーがございます」
うん、見えてるよ、そこにあるね
って、この会話、以前もやった事があるよ?




More
[PR]
by tamagoneko | 2018-07-19 17:50 | お買い物 | Comments(0)

次の曲 決まる

サラサーテの「アンダルシアのロマンス」とヴィェニャフスキーの「伝説曲」、両方さらってきてね、と無茶振りされたのが前回までのお話

レッスンから帰って、お借りした楽譜を広げて音を並べてみる
ああ、なるほどね
先生のアピールポイントがいちいち納得できる
中間部の重音だらけの部分も見かけほどアクロバティックではない感じ
ラフのカヴァティーナとかチャイコのスケルツォなんかの方が量がたくさんあるわけではないけれど、余程アクロバティックだったかも
(個人の印象です)
テーマのメロディーが出てくる度に弦や指の指定が違うのも「何をさせたいからか」という意図がよくわかる
さすがヴァイオリン弾き
そしてここからは私の個人的な感想なのだけど
テンポ感の無理がなくて丁度いい
(こちらの腕の都合で速度を変える必要がない(笑))
私が苦手とする「歌う感じ」の勉強になるけれど、だからと言って朗々としすぎない感じも丁度いい
なるほど
私の「ちょっと背伸び」でも頑張れば(←ここ重要)期間内に仕上がる感じの曲

数日後、楽譜をコピーせずに自分用の楽譜を購入した時点で勝負(何の?)がついたようなもの


More
[PR]
by tamagoneko | 2018-05-28 18:30 | ヴァイオリンレッスン | Comments(2)

ヴァイオリンのレッスン記録など


by tamagoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30